Follow Aalto International Group

技術企業のための押さえておくべきドイツビジネスメディア

Blog post   •   Apr 01, 2019 23:00 GMT

製造業企業にとって、Industry 4.0を掲げており、
自動車や産業機器の市場でもヨーロッパでメインとなる
ドイツを重点市場に置いている場合が多いかと思います。


ヨーロッパにおける展示会でも、
Hannover Messe(産業機器)、モーターショー IAA(自動車)、
boot(マリン)、BAUMA(建設機械)、K(プラスチック)など、
国際的に重要なイベントがドイツ国内で開催されています。


ヨーロッパの中でも、ドイツは、
産業分野で、まだ紙ベースのメディアが多く読まれているといたり、
ライターがエンジニアの経歴を持っていることが多く、
詳しく技術に関して掘り下げた記事や広告展開が求められる、などの
特徴があります。

ビジネス展開や、展示会に合わせて、
ドイツ向けの広告出稿のプロジェクトも多くあるため、
日本企業のニーズの多いドイツメディアをまとめてみました。


Handelsblatt / ビジネス雑誌

なんといっても、日本でいう日経新聞のような存在にあたるドイツの経済紙が Handelsblatt

新聞版とデジタル版があります。

デジタルでは、ドイツ語版とグローバル版のサイトがあります。

ビジネスの意思決定者層への訴求に展開する企業が多く、
ドイツ市場に展開する日本の技術企業の話題もカバーしています。



Capital / ビジネス雑誌

ビジネス雑誌では、Capital

月刊雑誌とデジタル版があります。
発行部数は、136,819 (IVW 4/18)



VDI nachrichten / エンジニア向け新聞

VDI nachrichtenウィークリー新聞、デジタル版もあります。
ドイツのエンジニア向けのテクノロジーに特化したメディアです。
発行部数 145,488 (IVW IV/2018)

ビジネスメディアの場合は、
トップの経営戦略を踏まえた内容の展開や、
ドイツ市場でどのようなところを目指していて、
現地企業とどのような協働を視野に入れているかなどの視点の記事が展開されます。


他にも、それぞれの産業界に特化したメディアがありますが、
また業界ごとに紹介したいと思います。

今回はこのあたりで。
それでは、また。

海外メディア戦略
コンサルタント
Mari Fukui

Source: AALTO BLOG

Aalto International

https://www.aaltoin.com/

info@aaltoin.com